地震に強い壁掛けテレビ

テレビが薄型に進化してきたことで、従来の据え置きのタイプだけでなく、壁掛け型のテレビが市販されるようになってきました。

壁掛けテレビは場所をとらないため部屋を大きく使えるのがその特徴ですが、それだけでなく耐震性が高いのも大きな利点です。
地震、それは日本全国どこにいても注意しておかなければならないことです。常日頃から揺れに対する対策をとっておく必要があります。

特に家具やテレビといったものは、備え付けのものでなく後から購入したものは何らかの形で地震対策をしておく必要があります。地震対策とは建物と如何に固定し揺れた際に倒れなくするかです。固定となると床に固定するか壁に固定するかといったことを考えなければなりません。家具のように壁に沿って置くようなものは比較的固定しやすいでしょうが、テレビのようなものは、部屋のコーナー部分に壁から離して置かれることが多いです。こうした場合の固定は結構面倒なものになりますし怠りがちです。

その点、壁掛けテレビは元々壁に固定することで使用するよう考えられているので、設置した時点で耐震ができたことになります。
壁に掛けて使用できるということは薄型だからということもありますが、もうひとつの理由として軽量化されていることもあります。軽くなったことで壁に負担なく掛けることができるのです。これは同時に地震の時、揺れても慣性力が少ないために大揺れしないということにもつながります。