LG2016年最新有機ELテレビのオススメポイント

LGは、モニターやテレビに最新技術を投入しているメーカーです。テレビでは、いち早く有機ELを使用した4K規格の製品を一般家庭向けに提供しています。

この有機ELテレビは、スクリーンに映る単なる2次元的な映像ではなく、3次元的な立体感のある映像が楽しめます。
それは、あたかもスクリーンの後ろ側に物体が存在するような感覚にとらわれます。
更には、発光素子を完全にOFFとすることで、真の黒色を表現できて、スクリーン全体が引き締まってみえるところも優れている点です。

黒以外の色では、LG独自のWRGB方式によって、これまで表現できなかった色も映しだすことが可能になっています。これによって、より自然な色彩の映像表現を実現できました。

そして、有機ELスクリーンが従来からの液晶スクリーンと大きく異なるのが、従来製品が平面スクリーンであったのに対して、有機ELスクリーンは局面スタイルであるところです。
緩やかにカーブしているスクリーンは、中央部と周辺部の視野角差をなくすことを可能にして、みる人を引き込む像を映し出します。

さて、有機ELのすばらしいところは他にもありって、例えば、その薄さです。最も薄い部分は、なんと1cm以下の0.5cmで、テレビ自体が芸術作品のようにリビングなどにとけ込みます。

また、インターネットと接続することで、SNSや動画サイトなど連携できます。

2016年のLGのテレビは、今までとは違った映像を提供すると共に、単にテレビをみるだけという消極的な使い方から、インターネットを介して積極的に情報を発信するという使い方ができるところがオススメポイントです。