マンションではテレビを壁掛けにして広いスペースをとる

マンションは一戸建てに比べて部屋の数が少ないため、できるだけ広々としたスペースで生活できるように、収納方法や家具の設置方法を工夫する必要があります。
以前と比べて、テレビは薄型になりましたが、テレビ台などを設置すると部屋のスペースを確保しなければならないので、その分、部屋が狭くなってしまいます。

ただテレビは薄型で軽量になっていますから、床にテレビ台に設置するのではなく、壁に掛ける状態にすると、その分だけ部屋を広く使うことができます。
壁掛けの位置は自由に設定することができますし、目線の高さに設置すれば、ソファに座りながらちょうどよい視聴環境を手に入れることができます。
設置した後も高さは調節できるようになっているので便利です。
テレビを壁掛けにするときは、電気屋さんやホームセンターなので専用の工具が販売されていますが、壁に釘を打ったりする方法が一般的になってしまいます。

賃貸などの場合は、壁に穴をあけると退去時に修繕費を請求されますし、元からねじや釘を使うことを禁止している場合があります。
分譲マンションの場合でも大事なマイホームをできるだけ傷つけたくない感じることがあります。
そんなときは床から天井までにポールを設置して、そのポールに壁掛け用の工具を設置すれば、壁を傷つけることなく設置することができます。
壁掛けテレビにしたら、テレビの下には物を置かずに済むので、すっきりとした部屋にすることができます。